※最新の数値が示されたので、2019.03.13に更新しました。

先日、安井小学校の運動会へ。毎年思いますが、騎馬戦は見ごたえがあります。
43504044_2078682399110364_9199580559439822848_n

タイトルが長いので省略しましたが、
新聞等で報道された、市内NPO法人との契約について①

新聞等で報道された、市内NPO法人との契約について②
新聞等で報道された、市内NPO法人との契約について③ 
新聞等で報道された、市内NPO法人との契約について④
続きです。決算特別委員会で確認した内容です。

この件について、過去の一般質問・決算特別委員会・常任委員会で質疑を行い、様々な提言をしました。その結果、随意契約( 入札などの競争の方法によらず、任意に適当と思われる相手方を選んで結ぶ契約)の根拠である取扱方針(契約のルール)が見直されました。

・積算(見積り)の見直し
・特定の団体に契約が集中しない仕組み
・市民の雇用確保
・優先発注の総額を無理に前年度越えさせないこと
など、提言していた内容がほぼ反映されています。

・委託料の積算方法を見直した
・特定の法人に偏っていた契約先を他の障害者団体に広げた
・障害者団体だけでは対応しきれない案件の一部を入札に変更した
ことなどにより、

・一般管理費等相当額の減額による削減額は約2,600万円
・競争入札としたことによる削減額は約3,500万円
総額で約6100万円の歳出削減となりました。

〇障害者就労対策としての金額と高齢者就労対策も含めた全体としての金額の推移

平成29年度の障害者就労対策としての金額は、3億7,100万円、全体としては、5億5,400万円
平成30年度の障害者就労対策としての金額は、2億300万円、全体としての金額は3億3,400万円
平成31年度は、障害者就労施設等への発注が増えることから、平成30年度と比べ9,000万円程度の増になる見込み

〇アドバンスグループで働いていた市内の方の現状
ほどんどの方については、就労先が決定しており、一部、「検討中」「就労の意思なし」の方がいます。登録事業者の範囲で、平成30年7月13日までに移った人数は、市内在住の障害のある方で15名ということを把握している


西宮市議会議員わたなべ謙二朗(けんじろう)のブログ