西宮市の待機児童数について最新のご報告です



2019年度はこちら

2019(平成31)年4月1日現在待機児童数は・・・

生労働省の新しい定義に基づく2018(平成30)年4月1日現在待機児童数は413人(旧定義で比較すると昨年は323人、今年は300人)でした。特定の保育所等のみの申込者などを含む利用保留児童数は828人でした。
無題

1


昨年は利用保留児童数のうち、育児休業を引き続き取得する場合、待機児童数にカウントされませんでした。今年度から利用保留児童数のうち、保育所等に入所できた場合に復職する意志があれば待機児童数にカウントされます。この定義変更による増加数は113人です。


保育所利用を希望する児童の割合である保育需要率
H22は18.99%でしたが、
H29は28.64%
H30は29.88%
と上昇傾向です。申込者数も増加を続けています。市は受入枠拡大の設定を32.72%にしています。
44


続いて年齢別の待機児童数です。定義の変更などにより、1歳191人(昨比94人増)、2歳96人(昨比20人増)が目立ちます。「3歳の壁」という言葉通り前年より減っているとはいえ、3歳が94人と多いことに変わりありません。

11
4444


取り急ぎ数値だけご報告です。3か年で1,500人の保育所等受入枠拡大の進捗については改めてご報告します。

2018年4月1日現在の西宮市の待機児童数は413人でした。~その②~
へ続きます。


☆☆☆西宮市議会議員 わたなべ謙二朗のブログ☆☆☆